JAPHICマークの
認証審査基準

個人情報保護に関する
第三者認証とは

付与の対象 詳細

ホーム >> JAPHICマーク制度

JAPHICマーク制度

背景

個人情報保護法の完全施行にともない、事業者においては様々な方法でセキュリティ措置を施しております。そうした中、個人情報保護体制を構築して、第三者の目で監査・認証を受けたい、という要望が増えております。JAPHICはそうした趨勢に応えるため、中小事業者向けの第三者認証制度を開始いたしました。

概要

JAPHICマーク

JAPHIC ( ジャフィック ) マーク制度は、「個人情報の保護に関する法律」 ( 平成15年5月30日法律第57号 ) に基づき作られた「個人情報の保護に関する法律についての経済産業分野を対象とするガイドライン」 ( 平成16年10月22日厚生労働省・経済産業省告示第4号 ) ( いわゆる「経済産業分野ガイドライン」 ) に準拠して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備し運用している事業者を認定して、その旨を示すJAPHICマークを付与し、事業活動に関してJAPHICマークの使用を認める制度です。




目的

個人情報取扱事業者として適切な措置を施していることを客観的に証明することで、

を目的とします。

付与の対象

JAPHICマークの付与の対象は、
国内に活動拠点を持ち、JAPHICが定める条件を満たし、
事業活動で個人情報の保護を推進している事業者であり、
法人、または個人事業主単位の付与となります。

付与の対象 詳細ページへ

ページの先頭へ戻る